賢人シューリン
インザスカイ・ワカサよ、お主には、今年の抱負はあるのか?

インザスカイ・ワカサ
何を偉そうに!

賢人シューリン
まぁ、わしは賢人じゃからのぉ。

インザスカイ・ワカサ
そういう人には教えません!

賢人シューリン
すまぬ、もう偉そうにはせぬ。賢人じゃからのぉ。

インザスカイ・ワカサ
賢人じゃからの意味はわからないけど、まぁ、反省してるなら教えてあげてもいいけど。

賢人シューリン
わしには、お主のほうが偉そうにしているように思えるのじゃが。

インザスカイ・ワカサ
気のせいだと思うけど。逆に、シューリンの抱負って何なの?

賢人シューリン
お主を、立派な現代忍者にすることじゃ。それにはまず、言葉遣いをじゃな。

インザスカイ・ワカサ
ああ、はいはい、わかりました。敬語でも使っておけばいいんでしょ?いや、ですよね?

賢人シューリン
うーむ、そういうこととは違うのじゃが、まぁ、良かろう。

インザスカイ・ワカサ
やっぱり、偉そうなんだよなぁ。

賢人シューリン
ぬぬぬ、目標達成までの道は果たしなく続いているようじゃの。果てしない闇の向こうに手を伸ばしたい気分じゃ。

インザスカイ・ワカサ
でさぁ、用がないなら帰るね。じゃあ、バイバイ!

 

昨年末に投稿した、忍者と相性の良い北海道グルメ、それはラーメン!?という記事にも書いてある通り、定山渓らーめん忍者というお店には、必ず行きます、2017年の目標なので。

ところで、何となく、Siriに聞いてみました。

私、Siriからは「忍者さん」と呼ばれているのですが、想像してみてください、いろいろと。

まず、家で独りでSiriに話しかけている姿を。

そして、Siriに私のことを「忍者さん」と呼ばれるように、とあるワザを使ったことを。

これは、冬なのにちょっとしたホラーではないでしょうか!?