インザスカイ・ワカサ
いいえ、立直をしても良いでしょう。

麻雀牌と点棒

闇聴(ヤミテン)/ダマ聴(ダマテン)

門前(メンゼン)で聴牌(テンパイ)していているのに、立直をかけていない状態の麻雀用語。

 

インザスカイ・ワカサ
麻雀に関しては、旧NinjaPicksの方でも【二萬二萬二萬】【二筒二筒二筒】【二索二索二索】の三色同刻という記事で触れておりますが、私はたまに麻雀をゲームでやる程度です。

昔は、徹夜麻雀をやるほど好きでしたけどね。

でも、手積みでした。

今は、全自動麻雀卓という便利なものがあります。

しかも、NINJAと名のつく麻雀卓(正式には点数表示枠の部分)もあります。

もし今、実際に麻雀をやるとしたら、忍者らしく忍びながら確実にミッション(上がり)を達成するため、ヤミテンで打つスタイルとなることでしょう。

願わくば、忍び装束でもって麻雀を打ちたいものです。