インザスカイ・ワカサ
私専属の忍者モデルを紹介します。
この方です、どうぞ!

専属忍者モデル
どうも、忍者です。

インザスカイ・ワカサ
専属忍者モデルの、忍者さんです。

専属忍者モデル
これなんて、カッコイイでしょ?

インザスカイ・ワカサ
まさにモデルですね!
何かこう、モデルをやる上で、気をつけていることなどはありますか?

専属忍者モデル
そうですね、例えばこんな風に、勝手に色を塗られることがあるんです。
でも、一切文句は言いませんね。
それが私の仕事なので。

専属忍者モデル
こんな風に、水回りでの仕事もあります。
濡れないように気をつけています。

専属忍者モデル
こういう、目立たないんだけど大事な仕事もありますね。

専属忍者モデル
あとこれね。
食べ物と一緒だと緊張します。
これはまだ、瓶に入っているからいいですけどね。

専属忍者モデル
これなんて、モロ出ちゃってるじゃないですか。
しかも、招き猫パイセンと一緒だったので、超緊張です。

専属忍者モデル
最近じゃあ、これも緊張しましたね。
何つっても、生物ですからね、相手は。
しかも、勝手に招き猫パイセンの折り鶴を借りてきちゃって。
はっちゃけて頭に乗せてしまいました。

まぁ、招き猫パイセンは優しいので、許してくれましたけどね。

そんなわけで、いろいろな現場で働くことが多いので大変です。
でも、好きですよ、この仕事。
いろいろな出会いがありますし。

今後は、もっといろいろなところに行きたいですね。
そして、いろいろなことにチャレンジしたいです。
仲間も、ほしいですね。

 

インザスカイ・ワカサ
いやぁ、モデルの世界も、いろいろと大変なんですね。

いずれまた、たくさんの作品に登場することでしょう。

専属忍者モデルの忍者さんの活躍、期待せずに入られませんね!

さぁ、超絶久々の更新、いかがでしたか?

ではまた、いつかお会いしましょう。
サヨウナラ!

 

くノ一
私という可愛い女子がいるにも関わらず…
悔しい!