賢人シューリン
インザスカイ・ワカサよ、昨日はどこにおったのじゃ?

インザスカイ・ワカサ
忍んでたよ、忍者だから。

賢人シューリン
現代忍者は、忍ばなくても良いのじゃぞ?

インザスカイ・ワカサ
いや、たまには忍びたいのよ。

賢人シューリン
なるほどな。
それはそうと、昨日はのぉ、大変じゃったのじゃぞ。

インザスカイ・ワカサ
何かあったみたいなことを言うんだね。

賢人シューリン
何かあったから言っておるのじゃ。
なんでも、お主に好意を抱いているくノ一が現れたのじゃ。

インザスカイ・ワカサ
え?くノ一とか言って、本当はイラストとかなんでしょ?

賢人シューリン
ま、まぁ、確かにイラストじゃったが。

インザスカイ・ワカサ
じゃあ別にいいや。俺は、本物のくノ一がいいから!くノ一が好きだからぁ!!

賢人シューリン
何じゃ、お主、くノ一が好きだから忍者をやっておるのか?

インザスカイ・ワカサ
それもある!

賢人シューリン
何と、そんなふしだらな理由で忍者を!?

インザスカイ・ワカサ
もちろん、それだけじゃないけどね。

賢人シューリン
では、インザスカイ・ワカサよ、お主はなぜ忍者をやっておるのじゃ?
忍者になって、何がしたいのじゃ?

インザスカイ・ワカサ
忍者になって何かやりたいってことはないよ。
忍者になりたい、ただそれだけ。

賢人シューリン
何じゃと?何かを達成したくて忍者をやっているわけではないのか?

インザスカイ・ワカサ
じゃあさ、シューリンは、何で賢人になったの?

賢人シューリン
お主のような未熟者を一人前に育て上げたいからじゃ。

インザスカイ・ワカサ
でもそれって別に、賢人にならなくてもできることじゃないの?

賢人シューリン
確かにの、賢人というのは、周りが言っておることで、わしの名刺に書いてるわけではないのじゃ。

インザスカイ・ワカサ
じゃあ、口うるさい4つのトンガリのある手裏剣型のじーさんって肩書でもいいわけでしょ?

賢人シューリン
さすがに、それは嫌じゃのぉ。

インザスカイ・ワカサ
例えだから、泣かなくてもいいじゃん。

賢人シューリン
すなぬ。
つまりお主は、忍者をやりたいから忍者になったと?
忍者は手段ではなく目的だと?

インザスカイ・ワカサ
そう、忍者は目的だよ。

賢人シューリン
世の中では、手段の目的化は、あまり推奨されておらんが、それでも良いのか?

インザスカイ・ワカサ
いいだよ。だって、そっちの方が楽しいんだもん。

賢人シューリン
まぁ、お主自身が楽しんでおれば、それで良いのじゃがのぉ。

インザスカイ・ワカサ
だってさ、何かの手段で忍者になったとして、その何かが達成されなかったら、忍者を辞めるってことじゃん?
そんなの耐えられないよ!
だったらさ、忍者になって、忍者だったら何ができるんだろうな?って考えたほうが、いろいろと広がると思うんだけど。
そもそも、何かの手段で忍者になるってさぁ、本当に忍者になりたいのかな?

賢人シューリン
なるほど、お主、意外と考えておるのじゃな。
実はの、あのマハトマ・ガンジーが『目的を見つけよ。手段は後からついてくる。』と言っているのじゃ。
英語で言うとな『 Find purpose, the means will follow.』じゃ。

インザスカイ・ワカサ
へぇ、ガンジーが追いついた感じ?
まぁ、どっちにしても、忍者が好きなんだもん。みんなだって、忍者が好きなんだよ。だから、友達とか知り合いに忍者が居たらさぁ、何か嬉しいんじゃないかなって思って。

賢人シューリン
なかなか無いことじゃからのぉ。

インザスカイ・ワカサ
忍者に限ったことじゃなくてさ、手段を目的化したほうがいいことって、多いと思わない?

賢人シューリン
それは確かにあるのぉ。例えばわしが思うのは、自動運転技術じゃな。

インザスカイ・ワカサ
何か、忍者とは関係ないけど、そういうことさ。

賢人シューリン
今の自動車社会では、高齢者の事故などが増えて、自動運転の世界になれば事故が減る、みたいに語られてることが多いじゃろ?それはまぁ、確かにそうなのじゃが、事故を減らすために自動運転技術を開発するのではなく、自動運転技術はまず開発して、それを使えば何ができるんじゃろう?と考えるほうが、ワクワクすると思うのじゃ。

インザスカイ・ワカサ
確かにね!
もし、みんなが思っているような自動運転の世界にならなくても、例えば荷物なら運べるとかね。そしたら、配送が楽になるだろうしね。特定のルートで荷物が運べるなら、老人ホームとかで車椅子も自動運転できそうだよね。

賢人シューリン
そうなのじゃ。そういう風に考えるほうが、楽しいのじゃ。そして、手段ではなく目的じゃから、無くならんのじゃ。

インザスカイ・ワカサ
手段だったら、それが使えなかったら、いらないってことだもんね。
それは勿体無いよ。勿体無いお化けが出るよ!
お化けは怖いよ、苦手だよ!

賢人シューリン
まぁ、お化けは関係ないが、そういうことじゃ。
これからも、一流の忍者になれるよう、わしがいろいろと教えてしんぜよう。

インザスカイ・ワカサ
けっこう不安だけどね、それって。