kunoichi-niko.png

 

くノ一
インザスカイ・ワカサ様、どちらにおられるのですかぁ?

賢人シューリン
ジョシ、お主は何者じゃ?

くノ一
私は、独暇流忍術のくノ一、名前は内緒よ。

賢人シューリン
さてはアレじゃな、ここの管理人が、イラストを書いたは良いものの、名前が浮かばなかったという、アレじゃな!

くノ一
内緒よ。

賢人シューリン
ところで、何しに出てきたのじゃ?
インザスカイ・ワカサはおらんのか?

くノ一
ここにくればいるって聞いてたのに、インザスカイ・ワカサ様はいないのよ。
ねぇ、どこなの!?

賢人シューリン
わしも知らんのじゃ。
ところで、様って何じゃ?

くノ一
私の憧れ、それがインザスカイ・ワカサ様なの。

賢人シューリン
あやつの、どこがいいんじゃ?変なジョシじゃのぉ。

くノ一
女子じゃないわ、くノ一よ。

賢人シューリン
あぁ、はいはい、わかった、わかった、くノ一と呼べばいいのじゃな?

くノ一
恋するくノ一でもいいわよ。

賢人シューリン
くノ一よ、ところでお主、インザスカイ・ワカサに何の用なのじゃ?

くノ一
会えれば、それでいいの。

賢人シューリン
何と健気な!よし、お主の恋、わしが応援しようではないか!

くノ一
おじいちゃんの応援が有効とは思わないけど、ありがとう。

賢人シューリン
わしは、賢人シューリンじゃ、シューリン様と呼んでもいいのじゃぞ。

くノ一
わかったわ、シューリンおじいちゃん。

賢人シューリン
インザスカイ・ワカサといい、このくノ一といい、賢人を敬う気持ちがないものかのぉ。

くノ一
で、シューリンおじいちゃん、何かいい方法はないかしら?

賢人シューリン
はっきり言うがの、今はまだない。

くノ一
思った通り、使えないおじいちゃんね。

賢人シューリン
逸るでない、わしは「今は」と言っておるじゃろ。

くノ一
え?じゃあ、いずれは、あるのね?

賢人シューリン
いずれはの。

くノ一
いずれがくるために、今は何をしたらいいの?

賢人シューリン
さあの、それはお主が考えると良かろう。それが修行じゃ。

くノ一
やっぱり使えな…

賢人シューリン
待て!すぐに結果を求めるな!順序というものがあるじゃろ。

くノ一
ただの行数稼ぎじゃないの?

賢人シューリン
そんなことはないぞ。とにかく、心の準備をする必要があるのじゃ。

くノ一
心の準備?

賢人シューリン
そうじゃ、くノ一が女を磨き、インザスカイ・ワカサに好意を持ってもらったときの準備じゃ。

くノ一
まだ早くない?

賢人シューリン
それが修行というものじゃ。とにかく、良いイメージを持つのが一番なのじゃ。

くノ一
一理あるかも。で、何をすればいいの?

賢人シューリン
ではのぉ、わしがインザスカイ・ワカサの役をやるから、くノ一はそれに答えてみい。

くノ一
わかったわ。でも、インザスカイ・ワカサ様は、尖ってないわ。

賢人シューリン
想像力の修行も兼ねておる。

くノ一
強引ね。

賢人シューリン
では、いくぞ。インザスカイ・ワカサが、こう言ってきたら、お主ならどうする?

「俺さぁ、あなたのことを好きでいてもいいですか?」

くノ一
「え?どういうこと?」

賢人シューリン
「勝手に片想いをしてるってこと」

くノ一
「それは困るわ」

賢人シューリン
「え?なんで?」

くノ一
「だって、片想いじゃなく、両想いだもん」

賢人シューリン
なるほど、そうきたか。じゃがしかし、それは今のお主の気持ちをただ言ったに過ぎないのぉ。

くノ一
え?それじゃダメなの?

賢人シューリン
いいや、あながち悪くはない、悪くはないのじゃが、インザスカイ・ワカサがどう思うかじゃのぉ。

くノ一
イチコロだと思うわよ。

賢人シューリン
うむ、そうかもしれんのぉ。あやつは、単純じゃからのぉ。

くノ一
そうよ、そうに決まってるわ。

賢人シューリン
しかしのぉ、わしの想像していたシミュレーションとは、何かが違うというか。

くノ一
それはそうよ、インザスカイ・ワカサ様が、そんなことを言ってくるなんて、奇跡だもの。
シューリンおじいちゃんの設定が悪いのよ。

賢人シューリン
とにかく、インザスカイ・ワカサも、くノ一も、言葉遣いから鍛えねばならぬようじゃな。